利用者様と職員が安心できる
介助サービスが提供できるようになる

叶えるために大切にしている7つ
1実際の訪問
(介護・看護)
時間に合わせて実施できる

2業務をしながらだから
職員の参加もしやすい
3利用者様
職員お一人
おひとりの「今」に合わせた技術
4職員の安心や自信につながる
5職員の腰痛・離職予防などにもつながる
6利用者様
職員の状況を把握して進めるため
管理者・教育者のサポートもできる

7成果として広報でき営業活動にも活かせる

※メール等で相談も可能!
その他、ご希望に合わせてできること
例えば・・・
良好な成果を学会発表します!
ケアの成果としての公表サポート!